VAAPIとDockerでDebianでもQSVを使ったh.264エンコードを行う

Debian上でChinachuを使った録画サーバを運用しているが(構築する記事は以前書いた)、これまでエンコードは普通にCPUでやっていて、そこそこ時間がかかっていた。 最近のIntel CPUに搭載されているハードウェアエンコーダであるところのQuick Sync Video (QSV) を使うとかなり速くなるというのは知っていたものの、Linux上ではIntel Media Server Studio (MSS) の導入が必要だと思いこんでいた。これが曲者で、CentOSじゃないとダメだったりカーネルにパッチ当てないといけなかったりでつらそうだしで、ホストはできるだけきれいに保ちたかったので諦めていた。VM作って行おうにも、CPUがVT-dに対応していることが必要で、Haswell世代のCore i3を使っているのでダメだった。 ところが、最近Video Acceleration »

MastodonのPostgreSQLをpg_rmanを使ってバックアップする

2017-04-25 23:26 typo修正 しばらくブログを更新していなかったが、最近は「ぼくもあの日、有給を取ってインスタンスを立ててさえいれば今頃年収3億ぐらいでドワンゴに雇われていたのでは...。」と思う日々を過ごしている。 とはいえ、インスタンス運用しつつ運用ネタでも書けば、まだ年収1億ぐらいでなら雇われるチャンスがあると思うので、運用ネタでも書くことにする。バックアップだ。 ユーザが20人程度いる弱小インスタンスを回しているが、つまりデータを飛ばすと20人から怒られてしまう。小心者なのであまり怒られたくはない。ということでPostgresのバックアップを構成することにした。 本記事では、Dockerで運用しているMastodonのDBを、Dockerの恩恵を受けつつ比較的楽にバックアップする方法について言及する。内容自体はMastodonに限らず、Postgresを利用するシステム全般で参考になるだろう。 pg_rman 色々調べてみると、 »

I can :(){ :|: &};: in production Tシャツを作った。

最近、STEERSというサービスを知った。このサービスは、オリジナルTシャツの販売サイトだ。自分でデザインしたTシャツを販売している業者は無数にあるが、STEERSの特筆すべき点は、デザインをアップロードして購入を募るところまで無料であるところだ。その後、3名以上から注文があった場合に注文が確定され、注文者に請求された後に発送されるらしい。このため、デザインをアップロードした人は(自分で注文しない限り)無料でTシャツを販売することができる。価格については、Tシャツの原価のままで販売することもできるし、自分の利益を上乗せした上で販売する事もできる。 前々からネタTシャツを作ってみたかったものの、1枚だけつくると割高だし、かといって複数枚作っても友人らに売れるかどうか不安でなかなか勇気が出なかった。STEERSではデザインだけ上げて、他の人に需要があるかを伺えるので嬉しい。さらに、デザインの過程もブラウザ上だけで簡潔し、UXも良い。 ということで、 »

端末エミュレータに対して、リージョンをクリップボードにコピーするための制御文字列(OSC52/PASTE64)をEmacsから投げる方法。

2018/1/28 修正: 1)軽微な日本語の修正。2)使っていた別のパッケージで定義されていたreplace-in-stringをビルトインのものだと思いこんで使っていた問題と、cl.elの読み込みが必要であるloopマクロを読み込まずに使っていた問題を修正。それぞれビルトインの関数のみで動くように変更。リンク先のGistを修正しています。この問題は試された方からの指摘によって気づきました。ありがとうございました。 2016/1/23 修正: (osc52-interprogram-cut-function)を間違えて(osc52-select-text-tmux) と書いていた部分を修正。後者はtmux限定のコピー用関数です。合わせてgistも修正しました。 背景 OSC52、 »

Emoji に関する詳細情報を表示するコマンド、emspect をリリースしていた。

この記事は絵文字 / Emoji Advent Calendar 2016の20日目だ。 概要 emojiに関する詳細情報(コードポイント、名前、キーワード、GitHubのショートコードなど)を表示するコマンド、emspectをリリースした。Node.jsで書いてnpm に公開した。GitHubで開発を進めている。 $ npm install -g emspect でインストールできる。 使い方は $ emspect --help 参照のこと。 »