NG 2342 を XT-1 + XF35mm F1.4 Rのために購入した

先日National GeographicsのカメラバッグであるところのNG2342を購入した。入れ口の部分が若干小さく、表題のカメラ+レンズを収納するにあたって出し入れがややしづらいところはあるが、概ね満足している。

これまで、MacBook Air 13inchが入る程度のいつも持ち歩いているバッグに裸で入れて運んでいたが、どこかにぶつけるたびに怖い思いをしていたのでさすがにカメラバッグを購入することにした。要件として、1)XT-1にXF35mm F1.4Rとレンズフードを付けた状態で丁度収まること、2)カメラを収納した状態で前述のバッグに入れることができること1、および 3)デザインが悪くないことを定め、量販店で色々試しながら決めた。

NG 2342の外観

外観はまぁナショジオですねという感じで良くも悪くも普通だ。なお説明書によれば

アンティーク仕上げの真鍮製バックルは、昔の「探検家」へのオマージュ

らしい。

NG 2342の内部。仕切りも底部に寝かせてある。

内部はこのような感じ。マジックテープで移動および脱着可能な仕切りがついているが、上記のセットを入れると他に何も入らないので仕切りは使わずに、底部に寝かせている。

NG 2342にXF35mm F1.4Rを装着したXT-1を格納した様子。レンズを下向きに収納している。液晶部がちょうどジッパーがあるの高さに位置しており、丁度よく収納されている。

実際にカメラを収納するとこのようになる。レンズを下向きにするとちょうど収まる。ファスナーも閉めることができ綺麗に収まった。冒頭に書いた通り、口の部分が微妙に狭いので多少入れずらい(ジッパーがもう少し後ろまで開けば良かったのに)ところはあるが、頻繁に出し入れしない限りは問題なさそうである。加えて、ジッパーを閉めなくても上ふたがマジックテープで閉まるように なっているので、急いでいるときはこの方法で乗り切れそうではある。

2015年3月29日22時30分時点においてAmazonでは約5千円で販売されている。

楽天では、一週間以内に発送されるものとしては、送料込みでは下記の店舗(送料は一律540円であった)がおそらく最安である。なお、店舗別の商品一覧へのリンクも貼っておくので合わせて参照されたい。

  1. 移動中に2つ以上のバッグを肩にかけるのが好きではないため